ワインの小話① フランス

皆様
こんにちは
いつもブログをご覧いただいて本当いありがとうございます。

さて、ジメジメと蒸し暑い日が続いております。
こんな日はきりっと冷えた辛口の白ワインを飲みたくなってきますね。

ということで、今日から数回に分けてワインについてちょっとしたご紹介をしていこうかと思います。
ワイン初心者の方は是非ワインの世界に触れるいい機会にしていただければ幸いです。

ワインは身近なもの

「ワインって難しい」
「ワインって高そう」
何て思っているかもしれませんが、そんなこと全然ありません!
確かにとんでもないワインはあります。(1本何百万円!?なんてことも・・・)
しかし多くのワインは身近なものであり、多種多様な表情や特徴を持っています。
ちょっとしたことを知ることで、一気にワインへの理解が進み、飲んだ時の新しい発見や驚きに繋がります。
(私もまだまだ勉強している立場ですので、偉そうなことは言えません)
これから素晴らしいワインの世界をご紹介いたします。

フランス

さて、ワインを語るうえで外せない国「フランス」
ワインがお好きでない方も、何となく有名なイメージがありませんか?
そう!有名です!
皆様が一度は耳にしたことのあるワインや産地には必ずフランスが出てきます!
(ロマネ・コンティやボルドーって聞いたことありませんか?)
なので、まずは大まかなフランスの概要についてご紹介していきたいと思います。



生産地を覚えるとワインはとっても身近になります!
地図を見ながら生産地を見ていきましょう。
何か良くわかんないと思いますが、たまにワインのラベルなんかに表記されている名前もちらほらあるかと思います。
まずはざっくりでいいので、生産地を意識していくとワインの特徴も何となく感じることができるようになります。
また、地図を見るうえでコツみたいなものもあるので一緒に見ていきましょう。

まずは3つの都市を見つけましょう!
(これ、コツです)
私もこれ聞いたとき目からうろこでした。

パリ

そう。花の都「パリ」です。
フランスの首都ですね。
5角形になっているフランスの三角形の底辺に線を引いたあたりにあります。
北緯でみますと、北緯50度線より少しだけ南にいったあたりです。
(厳密にいうと48.5°)
因みに、日本の最北端の稚内市が北緯45.4°ですので、冬になるとパリはめっちゃ寒いです。
-10°なんて平気でいきます・・・。

ボルドー

フランスの向かって左側の大西洋の海岸線に沿って南下し、北緯約45°付近(大体でいいのです)にボルドーという町があります。
この町の名前はワイン関係で良く耳にしたことがあるかと思います。
言わずと知れた、赤ワインの大産地ですね。
詳しくは次回以降に見ていくことにいたしましょう。

リヨン

北緯45°線にそってボルドーから東の方へ移動すると、フランス第2の都市リヨンがあります。
ここも寒暖差はとても大きいです。
温かくても、日陰になると急に肌寒くなってきたりします。

パリ・ボルドー・リヨンの3都市を中心に産地を見てみよう!
さて、上記の3都市を見つけると、フランスの生産地はとっても分かりやすいです。

フランスのワイン生産地は大きく分けて10個あります。
まずはパリ!
パリの東側には「シャンパーニュ地方」が広がっています。
(シャンパーニュもよく聞く名前ですよね!)

シャンパーニュ地方から東に進んだ、ドイツの国境付近に立てに長く広がる地域
「アルザス地方」
ここも寒暖差が大きい地域ですので、いいブドウが採れますよ。

続いてボルドー!
ボルドーの付近は当然「ボルドー地方」です。
※赤ワインが9割 白ワインが1割ぐらいです。

パリとボルドーの中間ぐらい!
パリとボルドーの中間あたりで、中央フランスから大西洋に注ぐロワール川に沿って点在するのが「ロワール地方」
※因みにロワール川は中央フランスあたりで折れ曲がってまだまだ続いています。全長は何と1000㎞!!
※世界遺産にも登録されている古城なんかもたくさんある風光明媚な場所ですね。

ボルドーとローヌ地方の中間に広がる地域!
「南西地方」といいます。
いきなり日本語っぽい名前になりましたが、スッド・ウェスト(南西)だから仕方ないですね。

次にリヨン!
リヨンの北には「ブルゴーニュ地方」がシャンパーニュ地方に向けて細長く広がっています。
※ロマネ・コンティなんかはここですよ!

リヨンの東側のサヴォアとその北のジュラ!
ここは合わせて「ジュラ・サヴォア地区」と呼びます。
ジュラシックパークのジュラはここからきているんですよ!
(ジュラあるジュラ平原ができた時代をジュラ紀というみたいです)

リヨンの南!
リヨンの南に流れるローヌ川に沿って広がるのは「ローヌ地方」
(良く耳にしたり、目にしたりするのはコート・ドュ・ローヌかもしれませんね)

ローヌ川を挟んで東側の地中海沿岸とコルシカ島を合せた地域!
「プロヴァンス・コルス地方」
※たまに目にするフレンチのメニューでプロヴァンス風・・・なんかのプロヴァンスです。

ローヌ川を挟んで西側の地中海沿岸地域!
「ラングドック・ルシオン」(ラングドック・ル―ション)
何か聞いたことがあんまりなくて、そろそろ嫌になってきましたか?
ご安心ください!
もう終わりました。

この10大産地を意識してワインを見てみると、見覚えのあるものが出てきます。
その地域ごとに重要品種があり、そのブドウ独特の特徴があります。
そんなことを意識しながら飲んでいただくと、いつもと違った楽しみ方ができるのではないでしょうか?

これから各地域や隣接する国々との関係やワインについて簡単に紹介していきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。


\ お得なイベント開催中 /
お得なランチイベント