旬の食材紹介。トウモロコシ

みなさま
こんにちは
きょうはトウモロコシについてご紹介させていただきたいと思います。



6月頃から旬を迎えるトウモロコシ

原産は南アメリカ。
コロンブスがヨーロッパに持ち込み、世界中に広まったといわれています。
世界生産量の約4割がアメリカ。
日本では北海道で多く生産されています。


●旬:6~8月頃
●栄養:主成分は糖質。野菜にしては、とてもエネルギーが高いです。

表皮には食物繊維が多く含まれ、胚芽部分には、ビタミン、ミネラル、カリウムなどが含まれています。
また、胚芽部分からとれるコーン油はリノール酸が多く、コレステロールを下げる効果があるといわれています。
●選び方:粒が大きく揃っていて、先までぎっしり詰まっているものを選びましょう。
中が見えないものは、皮の緑色が濃く、ひげは褐色か黒褐色のものが完熟してる証です。
ひげが貧弱で本数が少ないものは、粒の数も少なく、新鮮なものは、茎の部分がかたくしっかりとしています。


●下ごしらえ・調理法:皮は加熱する直前にむきましょう。
時間とともに糖分がでんぷんに変化していきますので、食べる分だけ買って、すぐ食べるようにしましょう。

●保存法:保存する場合は、茹でるか蒸すなどの下処理をしておくと良いです。

\ お得なイベント開催中 /
お得なランチイベント